今朝の信濃毎日新聞にこんな記事が載っていました。町内の小学生による「たからもの」というコラムです。

「住んでいる山ノ内町が宝物」「一番好きな自然は朝の空気」「笑顔のあいさつ」という言葉がとても素敵で印象に残りました。

山ノ内町には、この子の言うように、豊かな自然があります。でも、この子の感じるような「朝の空気のにおい」までは感じなくなっている大人が多いのではないでしょうか。住み慣れてしまっていると大事な宝物に気がつかなくなってしまうように思います。

山ノ内町は「おもてなしの心」を大事にしています。「笑顔であいさつ」は誰にでもできる、もしかしたら最高のおもてなしではないかと思うます。

宝物というと高額な品を考えてしまう私ですが、この子に教えられた思いです。子どもたちも「山ノ内町の大事な宝物」だと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)