ロマン美術館 歴史

「わたし林芙美子」展 志賀高原ロマン美術館

-history, museum-「わたし林芙美子」展 志賀高原ロマン美術館

-history, museum-「わたし林芙美子」展 志賀高原ロマン美術館-history, museum-「わたし林芙美子」展 志賀高原ロマン美術館山ノ内町には戦前戦後多くの文化人が訪れています。避暑や湯治ばかりでなく、戦中は疎開で山ノ内町に滞在した文化人もいます。その中に林芙美子がいます。林芙美子は山ノ内町の上林温泉、角間温泉で疎開生活を送りました。

今回角間温泉「林芙美子文学館」の協力のもと没後60年を迎えた林芙美子の足跡を追った展覧会を行います。原稿や色紙のみならず芙美子自身が描いた自画像や装飾品なども展示します。

また、山ノ内町を訪れた文化人の中から、伊藤深水、川端康成、中島清之、竹久夢二、棟方志功ほかの作品、書簡、身のまわり品などの展示も行います。

また関係イベントとして、

  • 5月26日(土)14:00  座談会「林芙美子 角間でのすがた」
  • 6月 2日(土)14:00 「音楽のあるギャラリートーク」
  • 5月12日(土)14:00 ワークショップ「着物のはぎれで鯉のぼりをつくろう!」

-history, museum-「わたし林芙美子」展 志賀高原ロマン美術館講師 アオキタカエさん(クラフトデザイナー)アオキタカエさんのブログは・・・こちら
を開催します。詳しくは「志賀高原ロマン美術館」のホームページをご覧ください。→こちら

4月21日(土)から6月24日(日)まで2ヶ月間の展示です。是非足をお運びください。

この記事を書いた人

つれづれ草

つれづれ草

2011~2013年の記事は、旧公民館ブログ(つれづれ草)から移行したものです。一部レイアウト崩れや、写真が読み込めない記事もありますがご了承ください。

コメントする

/* ]]> */