山ノ内町は、1998年の冬季オリンピック開催に際して行われた道路整備などで伐採した樹木「コカリナ」という笛に生まれ変わらせた「コカリナが生まれた町」を自負しています。以来町内ではコカリナ演奏グループや学校でも様々な活動に取り組んできました。

中でも、コカリナフェスティバルは昨年15回を重ね、県内外からも参加者が集うフェスティバルとなり、毎年参加するのが楽しみだという皆さんの期待に応えてきました。

「コカリナを吹いている人は、みんなベテラン年代になってしまったね。もっと若い人、子どもたちにも吹いてほしいね」という話がされるようになりました。小学生にも興味を持ってほしいという願いで、昨年9月には黒坂黒太郎さんを迎えて小学生対象の「少年少女コカリナフェスティバル」を開催しました。ステージとフロアが一体となった素晴らしいフェスティバルになり、子どもたちの中にコカリナを吹いてみたいという思いも高まってきました。

本年度は、そんな思いを大事にしたいと考え「キッズコカリナ教室」を中央公民館で開講することになりました。講師は大熊二三子さん、山本朝子さんです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)