昨日3月11日は、東日本大震災から一年、そして今日は長野県北部地震災害から一年という日。昨日は全国各地で様々な形の追悼慰霊祭が行われました。山ノ内町でも、巨大地震発生時刻2時46分にあわせて1分間の黙祷が防災無線で呼びかけられました。また寺院の「慰霊の鐘」「追悼の鐘」が鳴り響きました。1日も早い復興をと願いながら、瓦礫受け入れ問題、放射線問題、心のケア問題などでまだまだ多くの課題が山積しており、ひと一人の力では何ともできないもどかしさも感じています。

10日(土)には、山ノ内町生涯学習フェスティバルを開催しました。生涯にわたって学ぶきっかけ作り、人と人との出会い、異文化理解を目的の生涯学習フェスティバルです。あいにく朝から雪降りで積雪もあり出足を心配しましたが、大勢の皆さんに来ていただき盛会となりました。

 オープニングには、ママさんブラスバンド「やまぴよカラーズ」の皆さんに演奏をしていただきました。子どもたちも一緒にステージに登り可愛らしい演奏をしてくれました。

今年も15の体験コーナーを設けましたが、朝から盛況で、中にはいくつもの体験コーナーで楽しんでいる方もいました。


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)