昨日の夕方には、西の空に金星と木星が仲良く並んで見えました。久しぶりに一晩中晴れていたようです。そして今朝は快晴、放射冷却で冷え込みが厳しい朝でした。

そんな快晴の朝、地域の方が「おらんちの庭にカモシカが出てさあ、写真撮ったんだけど」とデジタルカメラを持ってきて見せてくださいました。上の写真です。お聞きすると、最近畑の雪の上に動物の足跡があったそうです。サルではないし何だろうと思っていたところ、今朝、庭にカモシカの珍客があったそうです。じっとしてこちらを向いているので写真におさめるのは楽だったということです。

山ノ内町の湯田中や安代、渋温泉街には、ニホンザルが出没し、悪さ(悪戯)をします。少し山際には最近ニホンジカやカモシカも出てくるようです。雪が深いことも関係あるのでしょうか・・・?人間が動物が住む環境を変えてしまったことが原因なのか。動物と人間が共存できる自然を作っていくことが必要ではないかと思います。

午後になって、「また出たけど、今度はもっと近くで撮ってるから」と電話がありました。この写真はトリミングしてあるのでアップし過ぎです。SDカードのデータを見ていたら、福寿草が写っていました。庭にはもう福寿草が咲いているそうです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)