参加者のコカリナの演奏、黒坂さん、矢口さん、福沢さんのすばらしい演奏、おもてなしの心が通じた・・・そんなたくさんの感動を味わった第14回コカリナフェスティバルから2週間が過ぎようとしています。

先日、参加された方から写真のような絵手紙をいただきました。昨年も絵手紙をいただき今年もまたいただき感動しています。「コカリナのふるさと山ノ内 すばらしい」という文章、ともすると山ノ内町に住んでいる私たちは故郷の「すばらしさ」を見ていない、見えていないのではないかと反省させられます。遠くから来ていただいた皆さんに教えられたり、気づかされたりします。

このブログでも山ノ内町の自慢できることや目を向けたいことなどを発信させていただいています。「ひと もの こと」との出会いや関わり合いをもっともっと大事にしたいと思います。志賀高原ロマン美術館

2日目はオプションの交流でした。この写真は、志賀高原ロマン美術館でコカリナ演奏を楽しんだ様子です。
幻想的な光の演出の中でコカリナの響きが一段と美しく館内に響き渡りました。
他のオプションでも参加者の皆さんに楽しんでいただきました。

参加していただいた皆さんお一人お一人にお礼のお手紙を差し上げたいのですが、このブログで感謝申し上げたいと思います。

来年は15回という節目のフェスバルになります。来年もまた山ノ内町へお越しください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)