町の風景 食文化

ふきのとうが顔を出していました

-loco, scenery-ふきのとうが顔を出していました

-loco, scenery-ふきのとうが顔を出していました中央公民館の北側の駐車場、除雪で雪の山となった所からふきのとうが顔を出していました。何日も前から顔を出していたのだろうと思いますが、今朝気づきました。

「ふきのとう」は、北信地方では「ふきったま」とも呼んでいます。雪国では雪の下から、力強く、そしてけなげに顔を出してくれるので、「ふきったま」を見つけると嬉しくなるのです。また、早速採って「ふきみそ」にして食卓にも並びます。雪の下にあったので「あく」も少なく、また香りもよいので、この時期の「ふきったま」は人気です。もうスーパーマーケットに並んでいるのでしょうか。

ところで今回の震災で刻々と被害の大きさが拡大していることが報道されています。また原子力発電所の事故で二次災害の報道もあります。今、私たちができることは何なのか考え込んでしまいます。

-loco, scenery-ふきのとうが顔を出していました
Pocket

この記事を書いた人

つれづれ草

つれづれ草

2011~2013年の記事は、旧公民館ブログ(つれづれ草)から移行したものです。一部レイアウト崩れや、写真が読み込めない記事もありますがご了承ください。

コメントする

/* ]]> */