夏の間、中央公民館の窓外でたくさんの花を咲かせ、緑のカーテンとなってくれていたイリオモテアサガオ(別目オーシャンブルー)もすでに花の時期を終えました。
このアサガオは種ができない宿根草ということですが、山ノ内町では野外で冬を越すことは無理ということで、挿し芽をして冬を越さそうと挑戦しています。(写真右)

左の写真は根元の部分です。鉛筆と比べるとその太さがお分かりかと思いますが、一番太い部分で直径が4cmです。春に植えたとき、直径が5cm位にはなるとお聞きしました。1cm足りませんでしたが普通のアサガオに比べると格段に太くなりました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)