町の風景

テクテクふるさと探訪「上林」の下見

-scenery-テクテクふるさと探訪「上林」の下見

6月10日(日)に山ノ内町文化協会と中央公民館共催で郷土の自然や文化を訪ねて歩く「テクテクふるさと探訪(上林)」を計画しています。この企画は、2002年に文化協会と中央公民館が作成した「山ノ内の文化と自然マップ」を活かして、町の宝を再確認、再発見したいと計画しました。

-scenery-テクテクふるさと探訪「上林」の下見午後から天気が崩れるという天気予報が出ていましたので、午前中に文化協会役員さんと下見に行きました。「わたし林芙美子展」が開催中の志賀高原ロマンロマン美術館をスタートし、豪雪の館、志賀山文庫、上林の旅館通り、「千駄焼き」で名の知れた上林不動尊、そして地獄谷まで足を伸ばしました。地獄谷への遊歩道には、スミレなど春の花が可憐に咲いていました。

地獄谷では、野猿公苑、天然記念物の大噴泉、ちまきで有名な後楽館を訪ねました。野猿公苑は餌付けされたニホンザルが温泉に入ることで世界的にも有名ですが、この日温泉には入っていませんでした。お聞きすると、冬期間しか入らないということでした。それでも春の自然の中で様々な姿を見ることができました。今年に入って10頭の子ザルが誕生したそうです。可愛らしいつぶらな瞳が印象に残りシャッターを切りました。

1ヶ月後に本番を迎えます。町広報の伝言板や有線放送でご案内をしますので、多くの皆さんに参加していただきたいと思います。

この記事を書いた人

つれづれ草

つれづれ草

2011~2013年の記事は、旧公民館ブログ(つれづれ草)から移行したものです。一部レイアウト崩れや、写真が読み込めない記事もありますがご了承ください。

コメントする

/* ]]> */