猛暑と雷雨のお盆でしたが、お盆明けはずいぶん涼しくなりました。今朝19日(金)は昨夜からの雨で涼しい朝となりました。

昨日の朝のことです。中央公民館東側の道路で「変な虫!」という声で見てみますと写真のような虫がアスファルトの道路をゆっくりと横切っていました。カゲロウではないし・・・・トンボでもないし・・・さて?。水生昆虫の成虫だろうという予想でインターネットで調べてみました。すると全く同じものがありました。正体は「ヘビトンボ」という水生昆虫の成虫でした。

近くでよく見ると目が大きくてまるで蛇のような頭部です。この辺りから「ヘビトンボ」という名前が付いているのだろうと思います。

この幼虫は河原の石の下にいたような気がします。長野県の南部、伊那や飯田の天竜川の名物「ザザムシの佃煮」の材料にもなっているそうです。

詳しくは下記のリンクで
http://mushinavi.com/  むしなび
http://mushinavi.com/navi-insect/data-hebitonbo.htm ヘビトンボ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%96%E3%81%96%E3%82%80%E3%81%97 ウィキペディア

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)