山ノ内町中央公民館学級講座文化委員会主催の「ホタル観察会」が6月30日(土)の行われました。委員も含めて20名の参加者は町内に発生しいているホタルの生息地を訪ね、光の美しさに感動しながらも、環境で生息が変わってしまうことを感じていました。特に水環境は私たちの生活環境とも密接な環境です。ホタルが水環境の指標となっているのだと感じました。
湯田中温泉街のお宮境内地時間帯が早くホタルを確認することはできませんでした。
渋温泉ホタル公園では、温泉の温かさで発生時期が早く、この日はあまり発生していませんでした。
穂波温泉街のホタル発生場所ホタルが住みやすい環境を作って保護しています。観光客の皆さんもホタルを見に来ていました。
上林上の志賀高原入り口の水源地付近です。茂みの奥でホタルが明滅していました。
上条地籍の用水路です。何日か前に見た方のお話ですとピークを過ぎたようです。
同じく上条地籍のお寺付近です。この場所ではかなり多くのホタルが発生していました。時間をたっぷりとって観察をしました。
ここで撮影したホタルの写真です。カメラに光跡を記録したので乱舞しているように見えます。実際はこのようには見えません。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)