山ノ内町の果樹は味もよく市場でも評判だという話を聞きます。土地や気候など適していることもありますが、農家の方の努力、汗の結晶が味につながっています。
8月に入り、モモ畑には銀色のシートが敷かれ始めました。このシートは日光が下からも当たるように反射材として使っています。こうすると色つきがよくなり甘いモモができるのだそうです。
お盆の帰省のお土産や贈答品として人気があります。都会の方は少し柔らかくなった実の皮をむいて果汁たっぷりのモモを食べるのが普通だそうですが、地元ではややかためのモモが一般的です。
オリンピック道路沿いにある「山ノ内町道の駅」ではモモの販売がされていますが、人気が高く売れ行きが好調だということです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here