7月のこの時季、山ノ内町の名産物であるリンゴの木の下は青いリンゴがたくさん落ちています。観光客の皆さんにすれば不思議な光景かもしれませんが、大切な農作業なのです。

美味しいリンゴ、商品価値のあるリンゴを作るには、付いた実をそのままにしておくわけにはいきません。一本の木や枝にたくさん実をならせますと、大きさや糖度など成長に大きな影響がでてしまいます。そこで春は摘花、夏は摘果の作業で間引きをするのです。

リンゴの木の下で木陰とはいいながら暑い日中の作業です。熱中症にも気をつけて作業をされています。こんな作業があって美味しいリンゴを作ることができるのだなと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)