中央公民館では玄関に季節の植物を置いて利用者の皆さんをお出迎えしています。冬の間は植物も少なく、また凍結の心配もあって、さみしい玄関でした。
先週いつも山野草の展示に心をかけてくださっている利用者の方から、「ショウジョウバカマ」と「白いカタクリ」を展示していただきました。カタクリといえば春の野山に咲く赤紫色のカタクリが一般的ですが、白いカタクリは一万本に一本といわれるくらい珍しいものだそうです。希少なので「白い妖精」とも言われているそうです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)