中央公民館体育委員会主催の「かんじきツアー」が、3月6日(日)行われました。一般からの参加者21名、情報委員4名、情報キッズ11名の皆さんは、中央公民館を朝7時45分に町バスで出発、9時横手山リフトに乗車して横手山山頂からかんじきを履いてスタートしました。横手山山頂では、前日5日(土)は富士山が見えたそうですが、6日は富士山までは望むことはできませんでした。しかし北アルプスの眺めなど十分楽しめました。横手山スキー場コースを下り、鉢山の登山道を頂上目ざして歩きました。急な上りでは雪も深く大変でしたが全員が鉢山頂上に登ることができました。昼食後、四十八池コース、木戸池コースのふたてに分かれて、かんじきツアーを楽しみました。当日履いたかんじきは、昨年も参加されて持っている方もいましたが、中には5日(土)生涯学習フェスティバルで作った「マイかんじき」の方もいらっしゃいました。
冬の自然を楽しむ・・・・積極的に冬や雪を楽しむことができる地域です。大きな財産だと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)