昨日は二十四節気「啓蟄」でした。いよいよ土の中の虫がうごめいてくる時期となってきました。
今朝は辺り一面ガスがかかり、9時頃は視界が悪いためライトをつけている自動車も多く見かけました。
10時頃、ガスが晴れてパッと明るくなりました。中央公民館から高社山が低い雲のむこうに見えたのですが、しばらくするとまたガスに隠れて見えなくなってしまいました。
ガスがかかるということは気温が上がってきているということです。あれほどあった雪も最近の雨でずいぶん少なくなってきました。雪の下にはフキノトウが、今か今かと春を待っていることでしょう。

今週は長寿大学修了式が8日(木)に、また生涯学習フェスティバルが10日(土)に行われます。本年度の公民館活動も最後のまとめの時期となってきました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)