町の風景

山ノ内町は大雪です・・・・太郎を眠らせ

-scenery-山ノ内町は大雪です・・・・太郎を眠らせ

-scenery-山ノ内町は大雪です・・・・太郎を眠らせ1月26日(木)深夜から降り続いた雪が朝には山ノ内町の平野部でも20~30cmの積雪となりました。朝早くから朝ご飯前に除雪をしても仕事に出かける頃には、また10cm位の積雪という大雪です。道路除雪車もいつもでしたら短い区間を数回行き来して除雪をしてくれるのですが、今朝は除雪範囲が広いためでしょうか、一回除雪して車が通行できる幅だけの除雪というところもあったようです。中央公民館の駐車場の除雪作業でも雪の中、懸命に作業をしていただきました。

ところで、山ノ内町志賀高原東館山高山植物園があります。春夏秋と高山植物が華麗な姿を訪れる人に楽しませてくれます。その園内に三好達治の詩碑があります。


太郎を眠らせ太郎の屋根に雪ふりつむ次郎を眠らせ次郎の屋根に雪ふりつむ

三好達治は昭和8年、転地療養のため志賀高原発哺(ほっぽ)温泉を訪れました。それから3年間、発哺温泉や上林温泉で過ごしました。この碑は昭和48年、詩集「測量船」の中から、文学仲間の桑原武夫が選んだということです。
この詩碑も今は志賀高原の深い雪の下に眠っています。志賀高原においでの際は、是非ご覧ください。

この記事を書いた人

つれづれ草

つれづれ草

2011~2013年の記事は、旧公民館ブログ(つれづれ草)から移行したものです。一部レイアウト崩れや、写真が読み込めない記事もありますがご了承ください。

コメントする

/* ]]> */