イベント・行事

山ノ内町スキー発祥100周年記念誌発刊記念式典

-event-山ノ内町スキー発祥100周年記念誌発刊記念式典

-event-山ノ内町スキー発祥100周年記念誌発刊記念式典山ノ内町上林に長野オリンピックスノーボード会場となった場所があります。現在、スキー場は閉鎖されましたが、その一角に「志賀高原スキー発祥地」と刻まれた記念碑があります。
1913年(大正2年)ドイツ人貿易商・キンメル夫妻が上林温泉に投宿し、十二沢付近でオーストリア一本杖スキーを披露し山ノ内町にスキーを伝えました。これを記念しての石碑です。

山ノ内町にスキーが伝わって100周年。昨年から様々な記念事業が行われていますが、今回、山ノ内町のスキー振興に尽力された方々との対談集「今、伝えたいこと」を発行し、記念式典が6月9日(土)に行われました。

-event-山ノ内町スキー発祥100周年記念誌発刊記念式典
オープニングでは、山ノ内町立東小学校5年生がコカリナ演奏をしてくれました。「故郷」の演奏で始まり、最後の「信濃の国」の演奏では出席者の皆さんも一緒に歌いました。
-event-山ノ内町スキー発祥100周年記念誌発刊記念式典
メインのトークイベントは、山ノ内町のスキー振興に深く関わり今もスキー振興に大きな仕事をされている、猪谷千春さん、杉山進さん。荻原健治さんをお招きし、町長も加わってトークが行われました。SBCラジオ「つれづれ散歩道」でおなじみの武田徹さんのコーディネートで様々なエピソードや今後の期待などが話されました。
-event-山ノ内町スキー発祥100周年記念誌発刊記念式典
今回体調の関係で来ていただけなかった、小澤征爾さんからメッセージが届いていました。一日も早く回復していただき、私たちにお元気な姿を見せていただきたいと思います。
-event-山ノ内町スキー発祥100周年記念誌発刊記念式典

この記事を書いた人

つれづれ草

つれづれ草

2011~2013年の記事は、旧公民館ブログ(つれづれ草)から移行したものです。一部レイアウト崩れや、写真が読み込めない記事もありますがご了承ください。

コメントする

/* ]]> */