12月5日(日)第29回山ノ内町社会福祉大会が中央公民館で開催されました。

オープニングでは町内で音楽活動をされている「菅の郷 スーパーバンド」(写真左上)の皆さんが、懐かしいベンチャーズの音楽を演奏されました。「でっかい音を出して菅の郷を元気にしたいと思って結成し活動している」ということです。スピーカーから流れるギターの音に引き込まれ大きな拍手が湧きました。

引き続いて福祉活動に功労のあった皆さん、児童福祉作品(作文、標語、ポスター)の表彰がありました。「点字って みんながつながる たのしい言葉」が標語の部金賞です。

また社会福祉協議会職員の皆さんの手作り寸劇「おふくさん」(写真左下)は、認知症のおふくさんを地域で支え見守ることの大切さをうったえるものでした。

講演はクローン病という難病を乗り越えて演奏活動をされているご夫婦、ESPERANZA(えすぺらんさ)のトークとコンサートが行われました。「放課後の音楽室」という曲の演奏前に「皆さんにとって一番大切な出会いを思いながら聞いてください」というお話しがあり、会場は竹オカリナと土オカリナの美しい音色を聞きながら大切な出会いを考えながら聞き入りました。エスペランサの奥様にとっては、未来に夢を共有できる人との出会いである旦那さんとの出会いが一番大切だと話されていました。

最後に大会アピールをし閉幕をしましたが、一人ひとりが福祉の心を養い思いやりのある地域作りに参加すること、それが豊かな心を持つ自分、優しい自分の発見につながり、豊かな福祉の地域作りにつながるのだと改めて思うことができました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here