第42回山ノ内町総合文化祭は大勢の皆さんにおいでいただき盛大に開催する事ができました。5日(土)6日(日)の2日間を通して、山ノ内町の文化や人のすばらしさを感じることができました。

展示会場には公民館で活動されているサークルの作品が、ところせましと展示されました。特産の竹細工の会場では力作が展示され感心する方がたくさんいました。

そのほか陶芸、着物リサイクル、習字、俳句、絵画、生花が出品され大勢の皆さんに見ていただきました。
1日目には、文化センター駐車場で「あおぞら広場」が開催されました。生の音楽演奏のなか、フリーマーケットやキノコ汁の振る舞いで賑わいました。あおぞら広場の売り上げの一部は、町社会福祉協議会に寄付されます。

 今年の芸能祭は2日間に分けて開催されました。山ノ内町で活動されている皆さんが日頃の練習の成果を遺憾なく発揮しました。1日目は午後のみでしたが大勢の皆さんが発表を見に来てくださいました。

芸能祭2日目は午前と午後に行われました。バレエの発表では可愛らしいバレリーナの登場に会場は大喜びでした。最後には会場全体で「ふるさと」を合唱して幕を閉じました。

総合文化祭を開催するあたり大勢の皆さんの力をお借りしました。「早そばの会」の皆さん、実行委員の皆さん、司会進行をしてくれた子どもたち、そして小雨降る中を徒歩で来てくださる皆さん、準備片付けに来てくださった公民館役員の皆さん・・・本当にありがとうございました。
今年も笑顔が輝いた総合文化祭となりました。この2日間たくさんの記録写真を撮りました。文化センター(中央公民館)1階ロビーに展示しますのでご覧ください。注文も承りますので気軽に声をかけてください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here