自然と触れ合う遊歩道は、今、生命に満ち溢れています。6月上旬、志賀高原の遊歩道沿いに見られた植物の一部を紹介します。
小さな植物が花を咲かせているのを観察していると、その場所や環境が生育に適しているからだと気づかされ、自然環境がみえてくるように感じます。
志賀高原の自然環境は昔ながらに保たれ、今、多くの人に親しまれています。遊歩道を散策すると自然から学べることがたくさん見つかるのは嬉しいことです。

写真:ハクサンチドリ、ゴゼンタチバナ、マイヅルソウ、ツマトリソウ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here