志賀高原、夏の音楽活動のスタートを切る「第8回志賀高原音楽祭」が、7月10日(日)志賀高原総合会館98ホールで開催されました。
この音楽祭は山ノ内町で音楽活動をしているサークルが実行委員会を結成して日頃の音楽活動の成果を発表したり交流を深めたりする目的で開催されています。今回は地元のサークルの他、中野市や長野市、また遠く飯田市からも参加がありました。
山ノ内中学校吹奏楽部の皆さんによる演奏で幕を開け、98ホールは美しい音楽で一杯になりました。今年は3・11、3.12の大震災で被災された皆さんへ届けとたいという思いで休憩前には「あの鐘を鳴らすのはあなた」を全員で歌いました。
フィナーレ、志賀高原音楽祭ハレルヤコーラス常任指揮者、洗足学園音楽大学教授の捻金正雄(ねじがね まさお)先生の指揮でハレルヤコーラス、そして「ふるさと」の大合唱で幕を閉じました。
当日のステージ写真は中央公民館に展示してありますのでご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here