3月20日(火)春分の日は青空が広がり暖かな日差しが春の訪れを告げているようでした。とは言っても、朝方の冷え込みで吹く風は冷たい一日でした。

そんな中、高社山をバックにしてリンゴ畑の剪定枝を黙々と拾い集めている方に出会いました。腰をかがめて枝を拾い集める作業は腰が痛くなります。時々腰を伸ばして、また拾い集めていました。
農家の方にお聞きすると、「原発事故の放射能対策で枝の処理について指導があったので例年のようにはいかない」と話してくれました。

今日21日(水)の朝は雪がちらつき、うっすらとですが積雪がありました。今年の春は遅いのでしょうか。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)