公民館においでの皆さんと「いつになったら春は来るんかねえ」という挨拶が3月下旬になっても交わされました。そのくらい3月下旬になっても雪が降ったり寒い日がありました。

今朝蟻川図書館の庭園に黄色い色を見つけました。近づいてみますとマンサクの花が咲いていました。マンサクやサンシュユは春一番に咲く樹木の花として知られています。両方とも黄色い花なのでそばによって見るまでは区別が付きにくいのですがマンサクは花弁が長いので分かりやすいと思います。マンサクの語源は、「先ず咲く」が変化して「マンサク」となった説や、この花がきれいに咲くと「今年も豊年満作」という説があります。

足元を見ると、オオイヌノフグリやハコベの花も咲き始めています。これから、図書館のロトウザクラや町内の桜の花が開花したという話題で、春の挨拶が交わされていくと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)