コカリナフェスティバルにはいろいろな魅力があります。コカリナ愛好の同志に再会すること、山ノ内町の自然や楽しむこと、そして黒坂黒太郎さんの演奏を堪能できることです。

例年黒坂さんのコンサートはサークル発表の後で行いましたが、今年は子どもたちや町内の皆さんにも聴いていただきたいと考えて前半に開催しました。会場に300席以上椅子を準備したのですが、立ち見もお願いするほどの500人規模のコンサート会場になりました。冷房もフル稼働させたのですが、熱気で暑い、熱い会場となり団扇などであおる姿もたくさんありました。しかし黒坂さんのコカリナの音が響き始めると聴衆の皆さんも手を止めて聞き入りました。

ホール一杯の皆さんと黒坂さんの
コカリナの音色に聴き入りました。
今年も矢口周美さんのソプラノ、FUKUZAWA Tatsuroさんのピアノが
時には重厚な、また時には楽しいステージを演出されていました。
今年、広島原爆被災2世の方の朗読にあわせて、
被災樹で作られたコカリナの演奏を聴くことができました。
コカリナの音色とともに朗読の内容に
目頭を押さえている姿がありました。
3人の息のあったステージに大きな拍手と笑いが巻き起こりました。
お聞きしたところほとんど即興とか・・・素晴らしい黒坂黒太郎さんのステージはあっという間に時間が過ぎてしまいました。

次回No3はサークル発表の様子をお伝えします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)