本年で32回を数える「志賀高原夏期大学」が7月31日(火)、8月1日(水)の2日間、山ノ内町文化センターを会場にして開講されます。

1日目には「地球環境と循環を考える」と題した講義を、東京大学大気海洋研究所教授の永田俊先生に、2日目には昨年に引き続き、信州大学人文学部教授、山本英二先生に「続・高校教科書で学ぶ日本史」の講義をしていただきます。

詳しくは、画像をご覧ください。(画像上のクリックで拡大されます)


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)