初夏、山菜採りに山に入り白いヤマボウシの花に出会うと、なんだか気持ちがホッとするという話を聞いたことがあります。ヤマボウシは、街路樹として植えられているハナミズキと同じミズキ科の樹木です。ハナミズキはあでやかな花を咲かせますが、ヤマボウシの花は白、とても清楚な花だと思います。この清楚なところが山で出会ったときホッとさせるのだろうと思います。

蟻川図書館には2本ヤマボウシが植えられていますが、花(本当の花は中心部にある球状の実になる部分に集合しています。)に見えるのは総苞片ですが、大きさが違います。ハナミズキにもいろいろな種類があるそうです。
ハナミズキの花より長い期間さくのでしばらく楽しめそうです。また秋実が赤くなったら鳥に食べられる前に少し採って果実酒にしてみたいと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)