皐月五月、桜やモモの花が散った後、色とりどりの花が咲き始めました。山の緑も様々な緑が見事に調和しています。中央公民館隣にある町立蟻川図書館の庭でもたくさんの花が咲き始めています。ヤマボウシの花は、まだ黄緑色です。この4枚の花びらは実は花びらではないのです。これは「総苞(そうほう)」と呼ばれる花の本体を包み保護する葉に近いものだということです。また図書館の周りには八重咲きのヤマブキがたくさん植えられていますが、ヤマブキのような葉と花の「シロヤマブキ」は、白いヤマブキと思われそうですが、ヤマブキの花弁が5枚に対してシロヤマブキの花弁は4枚であったり、葉の付き方も違うそうです。植物も特徴を調べてみるとなかなか奥が深いなと思いました。蟻川図書館には、植物の図鑑などもありますのでご利用ください。また蟻川図書館においでの際は、庭の花も楽しんでください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)