昨日あたりから蟻川図書館のロトウザクラが満開となり、少しかすんだ高社山をバックに美しく咲いています。去年は12日満開でしたから、4日ほど遅れたことになりますが、少し遅れても季節は必ず巡り回ってくることを改めて思いました。
ロトウザクラの美しさに見とれながら、ふと足下を見るとオオイヌノフグリやヒメオドリコソウが春の日を浴びています。道ばたのあちこちに群生して咲いていますので遠目で見てしまいがちですが、近寄って花を写真に撮ってみますと、小さな花の美しさにびっくりし、命の不思議ささえ感じます。

ヒメオドリコソウ
オオイヌノフグリ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)