町の風景 食文化

野草を食す・・・カンゾウの酢味噌和え

-loco, scenery-野草を食す・・・カンゾウの酢味噌和え

-loco, scenery-野草を食す・・・カンゾウの酢味噌和え男の手料理 カンゾウの酢味噌和え暖かい日が続いています。昼休みに公民館付近を散歩していますと、土手にカンゾウ(ノカンゾウorヤブカンゾウ??)の芽がたくさん出ていました。確か酢味噌和えにして食べるとおいしいという話を思いだしました。少しいただいて持ち帰りインターネットで調べてみますと、たくさん記事が載っていしました。

カンゾウは、私が小さい頃は、「ほっぽ」と呼んでいましたが語源はよくわかりません。お年寄りにみせたところやはり「ほっぽ」と言われました。また「たくさん食べるとむくむよ」とか「食べ過ぎると眠くなるよ」なんていう助言(注意・・・)もいただきました。
そんな助言もいただきましたが、少しならいいだろうということで、早速男の手料理です。ゆでて酢味噌をかけていただいてみました。アクもなくクセもなくおいしくいただきました。
これから山菜の季節になります。山ノ内町の道の駅にも、わらび、タラの芽、コシアブラなどの山菜が置かれるのも近いのかなと思います。
******************************【情報】山ノ内町旅館事業協同組合では「野趣あふれるつみ草を喰らう会」を開催されます。芽吹き始めた春の散歩の後、山菜の創作料理を味わっていただくという計画だということです。期日日程 5月21日(土) 午前10時から午後1時終了予定集合場所 山ノ内町よませ活性化センター体験費用 4000円詳しくは、下記ホームページへ山ノ内町旅館事業協同組合HP http://www.ebesa-de.com/a-4.html******************************
-loco, scenery-野草を食す・・・カンゾウの酢味噌和え
Pocket

この記事を書いた人

つれづれ草

つれづれ草

2011~2013年の記事は、旧公民館ブログ(つれづれ草)から移行したものです。一部レイアウト崩れや、写真が読み込めない記事もありますがご了承ください。

コメントする

/* ]]> */