第24回山ノ内町「ふれあい広場」が5月29日(日)、開催されました。梅雨入り、そして台風2号の影響で朝から雨降りでしたが、町の小学校、中学校、福祉関係団体をはじめ多くの方々の協力で、ステージ発表や体験ブース、特産品や食品の販売ブース、温かい味噌汁のサービスなどが設けられました。また雨の中大勢の町民の皆さんが訪れにぎやかな「ふれあい広場」となりました。社協の方のお話しですと例年1200人ほどの参加者ですが、今回は雨のためか1000人の参加者だったということです。雨の中1000人の参加者ということは町民の福祉に対する関心が強いこと、そして温かさの表れだと感じました。今回は以前保育園であった建物が「つつみ住民活動センター」「つつみディサービス」としてリニューアルされて、ここでも福祉体験ができました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here