7/19 山ノ内町立東小学校の子どもたちが蟻川図書館の見学に来てくれました。「蟻川図書館には何冊ぐらい本があるんですか」「蟻川図書館は、なんで蟻川図書館て言うんですか」「一日に何人ぐらい来るんですか」などたくさん質問を用意してきてくれました。
司書の説明の後、それぞれ興味関心がある場所に行って調べたり本を見たりなど30分程度の見学でしたが、蟻川図書館への関心を強くしてくれたようです。

図書館司書の説明を熱心に聞いてくれました。

 蔵書検索のPCに興味を持っていました。現代っ子はPC操作に慣れています。
 「幼児書、児童書の充実」が蟻川図書館の特長ですが、読み聞かせ用の大型本にも関心を持っていました

二階の学習スペースが気に入ったようです。学習室は夏休み中、中学生や高校生に人気です。今年は「クールシェア」で特に人気スポットになると思います。

児童書コーナーには子どもたちがたくさん集まってきます。小さいときから本に親しんでほしいです。
 「もったいないばあさん」の大型本に関心を持っています。絵や言葉が魅力的です。先生にお聞きすると、子どもたちの間で「もったいないばあさん」シリーズは子どもたちによく読まれているそうです。
今年蟻川図書館は20周年の年に当たります。20周年を記念して感想文や感想画、紹介ポスターなどの募集をしています。また9月15日(土)には記念式典と講演会を計画しています。講演会には、上の写真の「もったいないばあさん」絵本作家、真珠まりこさんをお招きして「もったいないばあさんのおはなし会」を行います。是非たくさんの皆さんにお聞きいただきたいと思っています。詳しいことは後日お知らせいたします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)