ロビー展示を入れ替えました。今月は「裂き織あいの会」の皆さんの作品を紹介します。
裂き織あいの会の皆さんは、山ノ内町「ほなみふれあいセンター」で活動されています。「裂き織」は江戸時代中期以降、農村で盛んになったそうです。古くなった木綿の衣類を裂いて糸や太いひものようにして機織り機で織ったものです。写真ではわかりにくいのですが、古着を再生したものとは思えないほど繊細なものです。色合いも落ち着いておりそばに置いたり持ち歩いたりしてみたくなります。

是非ご来館いただき実際に間近でご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)