イベント・行事 伝統 当日の様子 歴史

2016年 どんど焼き

-history, experience, tradition, event-2016年 どんど焼き

全国各地で呼び方の違う「どんど焼き」。私の生まれた場所では「左義長」と呼び、各地区の神社で行われます。

やぐらや小屋(どんどや)を組み、歳神様をお迎えするための門松やしめ縄り、書き初めで飾り付けをしてそれを燃やし、立ち上る煙に乗って歳神様は天に戻っていくとされています。
また、残り火で、柳の木や細い竹にさした団子、餅を焼いて食べるとその1年間健康でいられる、書き初めの紙が高く舞い上がると字が上手くなるとも言われています。お守り、いただいたお神札(おふだ)に感謝して、古神札の焼納やだるまなども燃やします。

そこで立ち上る煙に乗って歳神様は天に戻っていくとされている民間伝承行事ですね。

星川のどんど焼きに行ってみた!

山ノ内町は、だるま飾りが多いなぁと感じました。
15日に行うと思っていましたが、町内地区によってバラバラのようです。
-history, experience, tradition, event-2016年 どんど焼き

神事の後、みかんや御神酒が振る舞われ、祈祷を受けた御神火で正月飾りの山に火を付けます。

-history, experience, tradition, event-2016年 どんど焼き

-history, experience, tradition, event-2016年 どんど焼き

-history, experience, tradition, event-2016年 どんど焼き

観光者の見学が多く、特に外国人は興味深そうに眺めていました。

-history, experience, tradition, event-2016年 どんど焼き

餅焼き・・・これで上手く焼けるのかな?

-history, experience, tradition, event-2016年 どんど焼き

どんど焼きを見たのは小学生以来。地域行事や伝統行事を見るのは新鮮でした。
全国的にもこのような行事はどんどん減っているそうですが、山ノ内町は当たり前の習俗として全地区で行われていますね icon-smile-o
来年は自分の家のものも櫓に飾って参加したいと思います!

この記事を書いた人

Yamanouchi

Yamanouchi

このサイトを制作・運営している、元地域おこし協力隊の1人です。カメラを持っていろんなところに出没します。

コメントする

/* ]]> */