5月の水芭蕉に始まり、高山植物が綺麗な季節になりました。
個人的には6月にハイキングするのが1番好きですが、7月に入ると鮮やかな色の花が増えて高原の雰囲気も一気に明るくなります。今回は比較的メジャー?なお花をご紹介。

レンゲツツジ

蓮池や田ノ原湿原に群生しています。鮮やかなオレンジ色が新緑に映えて綺麗です^^
見頃は6月中旬。(photo 2017.6)

ワタスゲ

湿原ではお馴染みのワタスゲ。志賀高原では、田ノ原、渋池、四十八池、下の小池などで見られます。
(photo 2018.6)

ミヤコグサ

清水新道途中にあるジャイアントスキー場上で群生しています。あまり知られていないスポット📷
(photo 2018.6)

ニッコウキスゲ

6月末現在、チラホラ咲き始めました。丸池スキー場、蓮池スキー場、高天ヶ原で見られます。
(photo 2017.7)

イワカガミ

6~7月に見られ、高原内に点在しています。
(photo 2018.6)

シガアヤメ

花は「あやめ」に見えますが、葉は「ひおうぎ(檜扇)」に似ているため、ひおうぎあやめ(=シガアヤメ)と呼ばれています。1番多く見られるのは歴史記念館です。
(photo 2018.6)

コマクサ

各地の高山で生息するコマクサ。群生地はありませんが、歴史記念館や総合会館98で見られます。
(photo 2018.6)

ギンリョウソウ

不気味ですが花の1つです。光合成しない腐生植物で、暗い所に生えてます。志賀高原の原生林の中ではよく見かける花です。(photo 2018.6)

ヤナギラン

高天ヶ原、熊の湯で見られます。見頃は7月後半~8月。高天ヶ原にはヤナギラン小径もありますよ♪
(photo 2017.7)

コオニユリ

高原内各地にポツンと咲いてる印象。ニッコウキスゲの群生近くに混ざっていたりします。
(photo 2017.7)

ヒツジグサ

毎年、一沼で撮影されている方がたくさんいます。おおよそ6月後半~8月と長期間見られます。
(photo 2017.7)

これらはほんの一部で、実際は何十種類もの花が咲いています!1~2週間もすれば、また違う花も咲き始めます。
岩菅山と赤石山は勾配がありますが、志賀高原内のほとんどは易しい散歩コースです。のんびり歩いて高山植物をお楽しみください♪

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here