須賀川そば

北志賀高原の須賀川地区では古くから蕎麦の栽培が行われており、地区内には十割そば店が点在しています。

須賀川そば

蕎麦粉にオヤマボクチというつなぎを加えて作る手打ちの蕎麦で、腰の強さと歯ごたえが特徴的です。
オヤマボクチとはヤマゴボウのことで、葉の裏側にある繊維質を煮たあと水にさらし、乾燥させてつなぎにしています。
オヤマボクチ自体に風味はないので、そば本来の風味が存分に味わえます。

はやそば

硬めにゆでた千切りの大根にそば粉を水に溶いてかき混ぜたものをだしにからめて食べる郷土食で、長野県無形民俗文化財に指定されています。
そばをうつより早く簡単にできることから「早蕎麦」と呼ばれています。

「はやそば」は毎年須賀川で開催される、「そばの花まつり」や「新そばまつり」で出店されます。大根の歯触りとそばの風味をお楽しみください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here