子ども 当日の様子

剣沢ダムと発電所を見学!

このエリアは観光スポットではありません。関係者以外は立入禁止となっており、もちろん禁漁区です!!

小学校-experience, kids-剣沢ダムと発電所を見学!

「郷土に伝わる願い」を学習

西小学校と北小学校の4年生が旧堰跡や剣沢ダムを見学するということで同行させていただきました!
特に児童らが生活する夜間瀬エリアにとって必要不可欠なものであり、普段何気なく使っている水の”水源”や”水の大切さ”、この工事を始めた人たち、その後も守ってきた人たちの歴史を学ぶことが目的です。

夜間瀬かんがい排水事業組合の皆さんが丁寧に説明してくださいました。

小学校-experience, kids-剣沢ダムと発電所を見学!小学校-experience, kids-剣沢ダムと発電所を見学!
奥志賀高原にある裏我鬼沢取水口からスタートし、大清水、大沢取水口、旧須賀川堰跡、旧横倉上堰跡を進みます。

バス酔いしそうな道でしたが、みんな元気いっぱい。ちゃんと見学ノートにメモをとりながら進みます。

剣沢旧横倉上堰跡のトンネル内部を見学

懐中電灯を持ってトンネルの中へ。ロウソクを立てる場所、掘り出した土を運び出すための穴の跡などが見られました。この工事が始まったのは明治14年のことと言われています。

小学校-experience, kids-剣沢ダムと発電所を見学!

段差式小水力発電所

静かでひんやりした管理棟の中を下ると発電機が。制御棟内の用水管理システムに電力を供給しています。

小学校-experience, kids-剣沢ダムと発電所を見学!

↓画像クリックすると拡大します

スプリンクラーやトイレ、消火栓、、一部を飲料水としても利用していることに子どもたちもビックリした様子。
この見学を通して、先人が地域の人々の生活を向上させるために工夫や努力をしたこと、伝えていかなければならないこととして学べたでしょうか? …ちょっと難しいですね(^^; これについては中学校でもあらためて社会科見学するそうです。

小学校-experience, kids-剣沢ダムと発電所を見学!

標高1500mにある剣沢ダムは、夜間瀬地区の水田や畑に使う調整ため池として作られました。この地域は上信越国立公園内にあり、ブナなどの原生林に囲まれ、川には原生イワナが生息する貴重な環境です。工事を始める前には高山植物を他の場所に移植したり、現場からでる巨石を積み上げて利用するなど植生の回復を早める工夫がなされました。
現在は高社山の裾に広がる地区約331haの畑や水田で使用され、制御施設の無線化や電力供給にソーラーパネルを使用するなど経済性や環境に配慮した取り組みが進められています。

この記事を書いた人

Yamanouchi

Yamanouchi

このサイトを制作・運営している、元地域おこし協力隊の1人です。カメラを持っていろんなところに出没します。

コメントする

/* ]]> */