10月16日、志賀高原高天ヶ原で湿原再生イベントが行われました。

100名近いボランティア参加者と一緒に、高天ヶ原湿原のヨシ除去と外来種除去作業。
ヨシ(葦)は繁殖力が強く冬になっても枯れません。根から増殖するため刈り取ってもすぐに成長し、大群生する厄介な植物なのです。

初夏に花を咲かせる希少な高層湿原の生態を維持させるため、やなぎらんの会の皆さんがこの活動を続けています。
この日はABMORIスタッフとして活躍している中野西高校の皆さんが参加!

さらにこのヨシは和紙に再生されているそうです。高天ヶ原の旅館にて、一筆箋やレターセットとして販売しています。
和紙作りワークショップも開かれているので次回は参加させていただきます!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here