志賀高原を代表するトレッキングコースの1つ「峠の三十三観音巡拝コース」を歩いてきました。

これは上林温泉~サンバレーをつなぐ旧草津街道で、旅人や旧草津街道沿いで働く人の安全を祈願して建てられたものです。
全長3.5kmで、片道約2時間~2.5時間。サンバレー側(志賀高原の家グリーン横)からスタートすればずっと下りです♪
第一番観音は上林テニスコートの奥へ進むと登場します。

国道292号線を何度か横断しながら進みます。
志賀高原ガイド組合の皆さんによって草刈りされているものの、なんとなく不安になる道。「本当にこの方向で合ってるのかな。。。」と不安になるころに次の観音様が見えてきます。

はっきり観音様が分かるもの、よく分からないもの、残念ながら割れてしまっているものなど様々。

このコースの楽しみはスタンプ★

三十三観音すべての石隣にスタンプが設置されています。
立派な朱印帳が志賀高原観光協会で販売されているので、購入をおすすめします!

標高800m→1500mの間を歩く里山のようなコースで、高原ほどの眺望はありませんが、木々に覆われほとんど日陰の中を快適に歩けます。
新緑や紅葉の時期が1番気持ちいいのかもしれませんね。

スノーモンキーバス停(美術館前)に車を停めてバスで総合会館98へ。志賀高原観光協会で朱印帳を買って下りてくるのがベストかな?
同番所が2か所あり、実際は三十五体あります。そんな発見もしながらのんびり歩いてみてくださいね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)