志賀高原ユネスコエコパーク第1回セミナー「宇木の古代桜巡り」を行いました。
樹齢400年といわれる隆谷寺のしだれ桜、大日庵の源平しだれ桜、樹齢850年といわれ県内でも一、二の樹齢を誇り県の天然記念物に指定されているエドヒガンザクラの千歳桜、大久保の桜などを巡りました。
歩きながら、地形や土地利用などから「なぜ宇木で古い桜が保存されてきたのか」を考え、保存しようとしてきた人々の思いを学びました。また実行委員会を立ち上げ、みんなで桜を楽しむことを大事にされていることも知りました。
古代桜まつりでは、保存されて新鮮なりんごや山菜、手作りの桜むすびなどがふるまわれました。“♪♪高社おろしに耐えて咲く 時を重ねて千年へ 古代の桜春を呼ぶ…♪♪”で始まる歌「宇木の古代桜」も歌われ、盛り上がりました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)