南部地区里山の道路沿い、土手や斜面、林内や縁、沢沿いなど、特徴のある場所で、古くから日本にある植物が今年も姿を見せてくれました。適した場所に生育し、命を繋いでいる植物が町内に多く見られるのを感じ、この地域では環境が昔から大きく変わることなく維持されていることが分かってきました。
自然体験や生活経験などが重なって風景を懐かしいと感じることがよくありますが、ユネスコエコパークを体感した人たちが懐かしさを感じるくらいに植物や環境を見て知ってほしいと思います。

写真:ラショウモンカズラ、ギンラン、シャガ、ホタルカズラ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here