子どもたちが野外に出て体験的に自然環境などを学ぶのに役立つ教育機器として町がタブレットを導入しましたが、もっと学習で活用しようと東小学校は職員の研修会を開きました。
この学習ソフト導入の頃から携わっている専門業者から直に、授業の中で使うアイデアの提案を受けて、先生方自らが体験的に学ぶ研修をしました。「キッズbook」と学校のパソコンを連動させて試しました。
①野外の観察結果をカメラからパソコンに取り込み、自分の投稿を作ります。
②公開された個々の投稿で小学生同士が情報交換し、学びを深めます。
この手順でグループになって積極的に模擬体験し、実際の授業に活かそうとされていました。野外学習で子どもたちの深い学びを期待します。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here