町の風景

里の風景

ユネスコエコパーク-scenery-里の風景

桜の花のあと、果樹園ではそれぞれの果樹が花をつけ、季節が次第に等高線を上っているように見えます。
桃の花、プラムやリンゴ、ブドウなどの花も続きます。栽培農家の方にとっては忙しい季節が始まりました。

町の気候は果樹などの栽培に適し、努力が重ねられて町の特産物になりました。自然に向き合いながら人の生活や産業が進展して今がありますが、時間と手間をかけて行われる農園管理は、各地区の風景を生み出しています。

ユネスコエコパーク-scenery-里の風景

この記事を書いた人

志賀高原 ユネスコエコパーク

志賀高原 ユネスコエコパーク

「自然と人間社会の共生」ができているモデル的な地域の1つ山ノ内町。豊かな生態系や生物多様性を保全し、自然に学ぶとともに、文化的にも経済・社会的にも持続可能な発展を目指す、地域づくりのモデルとして高く評価され、志賀高原ユネスコエコパークとして登録されています。
志賀高原ユネスコエコパーク担当者が運用しているFacebookページからの転記です。

コメントする

/* ]]> */