夜間瀬の宇木地区には千歳桜など人気の桜が多く、町内外から多くの人が訪れていますが、その中の一つ、リンゴ畑の中に『大久保の桜』があり、花を咲かせているのが国道403号からも見えました。辺りの景観も美しく、地域の方々が大切にされている里の姿を感じました。
樹と花のボリュームに圧倒されながら、“樹齢は推定150年”とある看板に見入りました。千歳桜といい、この大久保の桜といい、長い里の歴史を経て命を繋いでいるのを知らせてくれます。
ユネスコエコパークの里にある貴重な資源をもっと知りたいと思います。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here