子ども

ESD研修会 先生たちによるカレンダー作り

中学校, ユネスコエコパーク, ESD-kids-ESD研修会 先生たちによるカレンダー作り

山ノ内中学校でESD研修会が開かれ、講師に目白大学の石田先生を招き、講演「2030年の将来を見通して~ESDの充実~」とそれに基づいて山ノ内中学校のESDカレンダーをつくるワークショップが開かれました。

中学校, ユネスコエコパーク, ESD-kids-ESD研修会 先生たちによるカレンダー作り

講演には町の小学校からも先生方が参加し、学習指導要領からみたESDの必要性を学びました。
各学校が何をどのように授業して子どもの学びを深めるかといった学習内容をESDカレンダーに表してみるワークショップが行われていますが、この研修会でも、先生方は「ユネスコが提案する目標」に照らして教科同士の関連を考えながら学校独自の計画をつくっていました。中学校, ユネスコエコパーク, ESD-kids-ESD研修会 先生たちによるカレンダー作り中学校, ユネスコエコパーク, ESD-kids-ESD研修会 先生たちによるカレンダー作り中学校, ユネスコエコパーク, ESD-kids-ESD研修会 先生たちによるカレンダー作り

この記事を書いた人

志賀高原 ユネスコエコパーク

志賀高原 ユネスコエコパーク

「自然と人間社会の共生」ができているモデル的な地域の1つ山ノ内町。豊かな生態系や生物多様性を保全し、自然に学ぶとともに、文化的にも経済・社会的にも持続可能な発展を目指す、地域づくりのモデルとして高く評価され、志賀高原ユネスコエコパークとして登録されています。
志賀高原ユネスコエコパーク担当者が運用しているFacebookページからの転記です。

コメントする

/* ]]> */