山ノ内中学校でESD研修会が開かれ、講師に目白大学の石田先生を招き、講演「2030年の将来を見通して~ESDの充実~」とそれに基づいて山ノ内中学校のESDカレンダーをつくるワークショップが開かれました。

講演には町の小学校からも先生方が参加し、学習指導要領からみたESDの必要性を学びました。
各学校が何をどのように授業して子どもの学びを深めるかといった学習内容をESDカレンダーに表してみるワークショップが行われていますが、この研修会でも、先生方は「ユネスコが提案する目標」に照らして教科同士の関連を考えながら学校独自の計画をつくっていました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here