山ノ内中学校ESD研修会が行われました。
山ノ内中学校は、本年3月にユネスコスクールに登録され、ESDを柱とした学校づくりを進めていますが、過日、講師に手島利夫さん(東京都江東区八名川小学校長)を招き、ESD研修会を開きました。
「学びに火をつける方法論と具体例、ESD教育を核にした授業づくり・学校づくり」をテーマに、八名川小学校での取り組みを具体的にお話しされ、子どもが自ら学び考え行動する学習の大切さと、それを実現するESDを中心に据えた学校づくりの重要性について講演されました。
この研修会を受け、中学校は、ESDを取り入れた学校づくりに一層取り組んでいきたいと抱負を述べられていました。

 山ノ内町は、ほぼ全域がユネスコエコパークに登録されるなか、町内全小中学校がユネスコスクールに認定され、ESDを取り入れた学習が始まっています。こうした研修会が開催されることにより、ESDを中心とした学校教育が進展し、新たな価値観や行動を生み出す子どもの育成につながることを期待します。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here