天気予報によれば今日は雨。予報通り朝から雨が降りましたが雪に変わってしまいました。明日19日は二十四節気の”雨水”です。陽気が暖かくなり空から降ってくるものも雪から雨に変わる時季という事です。つい先日は大雪でしたが、2月16日は快晴、午後月齢13の月が東の空に大きく浮かんで見えました。夜、外に出てみると軒先のつららの向こうに月が輝き、月の光でつららが光って見えました。つららからは水滴がポツンポツンと落ちていました。寒い寒いといっても、つららからの水滴はあたたかくなったという事を知らせてくれているようです。雪の下には「ふきのとう」が春を待っている・・・そんな季節です。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here