収穫の時を待つ風景
今年の春は、気候が不順でした。5月になっても気温が上がらず雨が続き、受粉ができたかどうかという心配もありました。しかしその後、天候も例年並みに持ち直し、今は山ノ内町特産のモモ、リンゴ、ブドウなどの作物も順調に育っています。特にモモは8月初旬の収穫、出荷を待つ時期になりました。
しかしこのところの猛暑、酷暑にはいささかまいります。そんな炎天下、作物を育てていらっしゃる農家の皆さんの大変なご苦労が想像できます。中央公民館においでの皆さんも汗をかきながらおいでの方も多いです。熱中症にならないようにしたいものです。

上の写真は、高社山を背景にしようと、少しこだわってみました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here